とっぷ 上 杉 落無話 教 室 操 料 日 記




不調の原因


肩こりや腰痛に限らず、体が不調になるのには、何らかの原因があるはずです。骨折やけがのように原因がハッキリとしている場合を除き、多々ある症状は、いきなりその部分が悪くなることはないはずです。様々な要因があり、その結果、部分的、惜しくは全身に、痛みや違和感として現れるようです。

それでは、その要因はどこにあるのか・・・と考えると、



 ・ストレス
 ・食事
 ・姿勢
 ・近隣環境
 ・運動の過不足
 そして、遺伝や後遺症



と、言うことになると思います。特に、ストレスについては随分と前から騒がれておりますか、現在に至るまで、根本的解決はなされておりません。原因不明の病気などは、ストレスの一言で片付けられてしまいますし、中には、ストレスで死んだ人はいないなどと、とうてい容認できないことを言う人もいるようですが、ストレスが体に大きく関わっていることは、このページを読んでくださっている皆さんなら、とうにご存知のことでしょう。同じように、食事や姿勢・環境・運動などの重要性もご存じのはずです。


では、なぜ体に不調を訴えるのでしょうか

お客様とお話しさせて頂いていると、「姿勢を正せば、腰の痛みはなくなるのですか」「体を冷やさなければ良くなるんですか」という言葉をよく耳にします。
確かに、それでも改善には近づくと思いますが、やはり、それだけでは難しいです。
人間の体は、そう単純ではありません。様々な要因が複雑に絡み合い、現在の体を作り出しているわけですから、できうる範囲で、一つでも多くの要因を排除していくことが、健康な体を取り戻すのには近道ではないかと思います。

先に挙げた、ストレスや、食事といった不調の要因を一つずつ思い描いてみてください。腰が痛くなったのは、姿勢の所為でもあるかもしれません。肩がこっているのも同じです。姿勢が悪かったのも一つの要因です。だとすれば、姿勢さえ良くすればすべて解決といくはずなのですが、そうはいかないのです。もう一度考えてみてください。

「最近、ストレスはどうかな・・・」
「エアコンは効きすぎていなかったかな・・・」
「体を冷やすものばかり食べてはいなかったかな・・・」
「そういえば、一日に、何歩くらい歩いてたっけ・・・」


そう考えていくと、自分の不調の原因は、どうもこんな所にあったのかもしれないなと、思いつくところが見つかることでしょう。行き当たりばったりの対処法ではなく、自分自身の不調の原因を探し出し、根本から改善していく方が、近道ではないでしょうか。

特に、これは体に気をつけている方々に多いのですが、「私は、食事にはこだわっているから・・・」とか、「僕は、ジムに通っているし、ずっと運動をしてきたから・・・」と、どこかに拘りのようなものを持っておられる方にこそ、不調の信号を見落とし、バランスを崩されている方が多いようにも思えます。やはり、体には、日頃から注意を向けていることが重要なようです。




ほぐしどころ

石川県金沢市福久町ヲ98番地

076-201-8418



Copyright (C)2008 HOGUSIDOKORO UESUGI. All Rights Reserved