とっぷ 上 杉 落無話 教 室 操 料 日 記




頸肩腕症候群 Ⅱ


腕の構造上、多くの方は腕の内側(屈筋)が緊張・収縮します。ですから
屈筋群を緩めてあげることが必要になりす。緩め方にはいくつか方法があ
るのですが、誰にでも簡単にできるのは、心地よい程に腕を使ってあげる
ことです。

ここで重要なことが三つあります。

一つ目は、
痛みを誘発したであろう動きとは違う動かし方をし       てあげると 言うこと。

二つ目は、
決して無理することなく、心地よさを味わいながら       行うこと。

三つ目は、
伸ばすイメージは一切持たず、緩めるイメージで        行ってください
       (イメージ=意識と言い換えることもできます)


もう一つ付け加えると、痛みが酷いときは、心地よさを味わうこともでき
ないかもしれません。そのような場合、無理することなく、専門家に相談
してください。





ここからは、どのように緩めるかを書いていきます。

まずは、簡単なところから。

痛い方の手首を逆の手で掴みます。

次に、掴んだ手首を内外に捻ってみてください。


いかがでしょうか? 内側へ捻った時と、外側とで違いはありませんでし
たか。その違いが、腕のバランスの崩れです。


捻って心地よいと感じた方へ捻りながら、肩関節に遊びを持たせる感じで、ゆったりと引いてみてください。

そのまま90秒、捻り続けるのです。

90秒経ったら、ゆっくりと手を離し、楽にしてください。



90秒と口にするのは簡単ですが、実際に行ってみると、意外と長いもの
です。途中で力んでしまったり、ムキになってしまうこともあるかもしれ
ませんが、色々と工夫して、自分に合った方法を見つけ出してください。

相当熟練した技術があれば別かもしれませんが、押したり、叩いたりしれ
も、筋肉は緩みません。ましてや、伸ばそうとしても緩むことはないので
す。

硬く縮んでしまった筋肉を緩めるためには、心地よく、その張り詰めてい
る筋肉を緩めてあげるのが一番なのです。

他にもやり方はありますので、順次書き込んでいきますが、体の扱い方を
文字で表現するのは非常に難しいものです。実際に、目の前で実演しても
、なかなかできないことも多いのですから、やむを得ないことなのでしょ
うが、このように書くことは、施術よりも疲れます。

なかなか伝わらないところもあるでしょうから、実際にやってみて、上手
くいかない場合には、些細なことでもかまいませんので連絡ください。間
違って行っても、改善は難しいですからね。





ほぐしどころ

石川県金沢市福久町ヲ98番地

076-201-8418



Copyright (C)2008 HOGUSIDOKORO UESUGI. All Rights Reserved