とっぷ 上 杉 落無話 教 室 操 料 日 記




腱鞘炎-手首の痛み



腱鞘炎で悩んでいる方は、意外に多くいらっしゃいます。

中には、「十年以上手首の痛みに悩まされているが、今後も上手くつきあっていかなければならない」と、諦めているような言葉を耳にすることもあるくらいです。


腱鞘炎で悩んでいる方の話を聞いていると、
「使いすぎ」だと言われた人が非常に多いんですね。「手首をあまり使わないように」言われたとこぼしていました。

確かに、仕事をせず、指や手首をなるべく使わないようにすれば、ひょっとしてあまり痛みを感じることなく生活できるかもしれませんが、なかなか、そうはいかないものです。中には、仕事を続けられなくなってしまった人や、痛いのを我慢しながら、何とか遣り繰りしている人も多いことでしょう。

腱鞘炎は、放っておいて良くなるものではありません。

膝の痛みも、年の所為とか、使いすぎの所為とか言われることが多いのですが、使いすぎで痛くなるほど、手首を酷使している人はそれほど多くありません。最近はレジで腱鞘炎になることはなくなりましたが、理容師さんや美容師さん、キーパンチャーさんなど、職業的に腱鞘炎のような症状を示す人は多いです。

ですが、よく考えてみてください。

この道何十年のベテランになってから腱鞘炎になる人は少ないのです。腱鞘炎になる人は、その仕事について、一年目とか二年目、理美容師さんであれば、スタイリストになって数年以内という方がほとんどなことでしょう。



そこに気づかなければ、手首の痛みを改善することは難しくなります。

手首の痛みは、指や手首の使いすぎだけがが原因ではありません。

原因は、手首や肘の使い方にあります。無理な角度であったり、長時間、同じ姿勢で固めたまま作業を続けているのが問題なのです。もう一つ挙げるとすれば、必要以上に力が入っている所為です(是が一番の問題かもしれません)。

その為、偏った筋肉の使い方をし、バランスを崩します。橈骨・尺骨が歪んでいることも多いのです。手首の痛みを感じていなくても、肘や手首に違和感を感じていたり、肩や首にコリを感じている人も多いことでしょう。

そのようにしっかりと見ていくと、手首の痛みや指の痛みは、改善することが多いのです。

初めのうちは、ちょっとした違和感かもしれませんが、放っておくと、やっかいなことにもなりかねません。気になっている人は、早めに調整することをお勧め致します。

最近は、小さい子供から、パソコンやゲームを長時間使っている場合があります。熱中しすぎると、体への負担が大きすぎますので、ほどほどにお願い致します。





ほぐしどころ

石川県金沢市福久町ヲ98番地

076-201-8418





Copyright (C)2008 HOGUSIDOKORO UESUGI. All Rights Reserved