とっぷ 上 杉 落無話 教 室 操 料 日 記





入浴の勧め



ここ数年、日本人の中でも湯船に浸かることが少なくなった人が多いようです。

理由はいろいろで、

 家に帰るのが遅いから
 シャワーで十分
 面倒くさい
 暑いから
 寒いから


などなど

それぞれに理由があるのやら、ないのやら・・・と、いった感じですが。
冷え症を訴えておられる方々が多いというのに、ゆっくりと、お風呂を使う機会も時間も減少しているようなのです。

なぜ、入浴をお勧めするかというと、第一には、単純に気持ちがよいからです。
希に、お風呂が嫌いだという方もおられますが、私の知っている限り、ほとんどの日本人は、入浴することで体の緊張が解け、ゆったりとした気分を味わうことができるようです。もっと、お風呂を活用しませんか。


入浴には、様々な効果効用が期待できるんです

わかりやすいところでは、血行促進です。他にも、入浴により浮力の作用で体重が軽くなり、筋肉にかかる負担が減少し、緊張がほぐれ、血管が拡張して血液の循環がよくなり、腰痛など様々な症状の回復期の方にとっては痛みの緩和が促されることにもつながることでしょう。とくに38℃前後のぬるめのお湯には、副交感神経に働きかけて、血管を開かせ、心身ともにリラックスさせる効果があるといわれております。

さらには、入浴によりカラダ全体に圧力がかかり、手や足に滞った血液が押し戻され、血液やリンパ液の循環が促され、筋肉中にたまっている疲労物質も排出されやすくなります。

温めのお湯は副交感神経を優位にして、心もカラダもゆったりとした気分にさせてくれることでしょう。私は、湯船の中で首や肩を動かしています。公衆の浴場で行うことが多いので、本当に簡単なものですが(肩胛骨や頸の骨を意識して動かすだけです)、とても効果があります。
是非、皆さんも行ってみてください。もっと簡単なものとしては、浴槽のふちに頭の付け根部分を引っかけるように乗せて、ツボを刺激しています。頭を転がすように動かしていると、気持ちよいところがあると思いますので、試してみてください。広いお風呂で脚を伸ばしながら、ゆったりとした気持ちになれると最高です。温泉などは極上ですよね。偶には、一人で、家族で、お友達と、温泉や銭湯で、のんびり体ほぐしなんていかがですか。

整体も良いけど、入浴も・・・




ほぐしどころ

石川県金沢市福久町ヲ98番地

076-201-8418



Copyright (C)2008 HOGUSIDOKORO UESUGI. All Rights Reserved