とっぷ 上 杉 落無話 教 室 操 料




ヘバーデン結節



ヘバーデン結節で苦しんでいる人は多いのに、ヘバーデン結節のことを知っている人が少ないようなので、ここに書いておきます。


先日のことですが、肩と腕が痛いというお客様がいらっしゃった時のことです。

いつものように、施術前の問診をさせていただいていたとき、指が動かし難く、関節が膨れて、痛いという所に至りました。ですが、その痛みは病院や接骨院で診てもらったのだが、「原因不明の病気で、体質の所為でおきるものだから、上手く付き合っていくしかない。時期が来れば落ち着くだろう」といわれたので、諦めているとのことでした。ですから、肩と腕が痛いとおっしゃった時に、指の関節が痛いとは話さなかったようです。

ですが、私に言わせて頂と、腕の痛みも、肩の痛みも、元々はこの指の痛みが大元であるのは明白です。たとえ、腕や肩の痛みが良くなったとしても、指の問題が解決しなければ、また、痛くなってしまうのは、目に見えて明らかなことなのです。
指の痛みや違和感が続き、何をするにも余計な力が入ることで、腕や肩に負担がかかっているのです。

そこからは、普段の食生活の話になったわけですが、

その方の好きなものは、

牛肉、
お茶、コーヒー
甘いもの


です。

水を飲むかと訊ねたところ、お茶やコーヒーは飲むが、水はほとんど飲まないとのこと。

明らかな水不足です。そういう人は多いのです。

カフェインを含む水分はかえって体から水分を排出させてしまいます。気をつけなければ、水分不足になってしまいます。身に覚えがある方は注意してください。

人間は、水分が不足してくると、生命維持のため内臓に水分を集めます。その結果、末端に行けば行くほど、水分が不足してくるわけです。



一通りの施術の後、水を飲むことの大切さと、カフェインの摂りすぎによる弊害と同時に、赤身の肉や